HOME > ブログ > 風の通る家

風の通る家

2019-12-03

風の通る家

風通しの良さは、快適な住まいについて考える上で
決して外せない要素です。

特に湿度の高い日本の夏は住まいの中に湿気が
溜まりやすく、不快なだけでなくカビの発生
リスクも高まります。

外から入った風が住まいの中の全ての部屋に
しっかり行き渡り再び外へ出ていけるよう、
間取りと窓の配置に工夫が必要です。

また、風通しの良さが必要になるのは暑い
季節ばかりではありません。

日照時間の短い秋や冬は、洗濯物を部屋干し
する方も多いのではないでしょうか。

この時、洗濯物を置いた部屋の風通しが確保
できていれば、湿気を籠らせることなく早く
乾かすことができます。

近ごろのエアコンや空気清浄機の性能の向上は
目覚ましいものがありますが、やはり自然の風の
心地よさ、換気による空気の清浄効果には
機械では代用できないものがありますし、自然の
力を利用することで、電気代、エネルギーの
節約にもなりますよね。

風の通る家は、快適でエコな家なのです。

では、風の通る家とはどんな家なのか?

実際の家づくりの中で考慮される、具体的な
チェックポイントを見て行きましょう。

*風通しの鍵を握るのは窓*

まず、密室である住居の中に風通しを
生み出すのは窓です。
窓が2つあれば、片方の窓から入った風が
もう片方の窓へ抜けることで、自然な風の
通り道が生まれます。
 また、住まいは一つの空間ではなく
いくつかの部屋に分かれています。風通しと
いう面でみると、それぞれの部屋に2つ窓が
あるのが理想的と言えます。
窓が1つだけの部屋ですと、せっかく外から
入った風が抜けていかず中に籠ってしまうため
風も生まれず、中の空気もうまく外に逃せません。

こういう部屋に風を通すためには、ドアを開ける
必要があります。快適に過ごすためとは言え、
ドアを開けっ放しにするというのはプライベート
空間としてちょっと困るという人も多いのでは
ないでしょうか。

1つの部屋に、風が入る場所と出ていく場所の
両方を作っておくことで、ドアを閉じたままでも
しっかりと風が通すことができます。

また、窓以外の要素として、2階建以上の住宅で
あれば、階をまたいだ「吹き抜け」部分を作ることで、
下階からから上階へと風の流れを生み出すことが
できます。1階の窓を通して外から入ってきた
空気が吹き抜けを登り、2階の窓を通って
再び外へ出る…という風のルートが生まれるので、
特に夏場、上にたまる習性のある暖かい空気を
外に逃がし、快適に過ごすことができます。

*窓のデメリットも考慮して*

ならば、それぞれの部屋に窓を2つずつ配置
すれば良い…となりそうですが、実はそう
簡単ではありません。
窓の配置には様々な制約や条件があるのです。 

1つは、日照の問題です。窓には、風を通す
以外にも日光を部屋に取り入れる役目が
あります。

どの部屋にどの角度から日を当てるのか。
日光の角度は時間帯によっても変化します。
どんなに風通しが良くても、一日中日が
照りつける部屋や、逆に全く直接光が入らない
部屋は、快適とは言えませんよね。
暮らしのスタイルに合わせて、適切な時間に
適切な量の光が入るよう大きさやを位置を
計算するのも、窓の配置を考える上で非常に
重要な要素です。

また、窓の位置は近隣からのプライバシーが
確保できるところでなければなりません。
せっかく窓があっても外から中が丸見えになって
しまうような位置だと、窓をあけて換気を
しようという気は起こりませんよね。

他にも、家具の位置に対する配慮も必要ですし、
防犯を考える上でも窓の配置は重要です。
空き巣被害の多くが、窓からの侵入によるものだと
されています。

*免震と窓の関係*

さらにもう一つ見逃しがちなポイントとして、
窓と免震性の関係が挙げられるでしょう。

風通しの良さは、快適な住まいについて考える
上で決して外せない要素です。

特に湿度の高い日本の夏は住まいの中に湿気が
溜まりやすく、不快なだけでなくカビの発生
リスクも高まります。

外から入った風が住まいの中の全ての部屋に
しっかり行き渡り再び外へ出ていけるよう、
間取りと窓の配置に工夫が必要です。

また、風通しの良さが必要になるのは暑い
季節ばかりではありません。

日照時間の短い秋や冬は、洗濯物を部屋干し
する方も多いのではないでしょうか。

この時、洗濯物を置いた部屋の風通しが確保
できていれば、湿気を籠らせることなく早く
乾かすことができます。

近ごろのエアコンや空気清浄機の性能の向上は
目覚ましいものがありますが、やはり自然の風の
心地よさ、換気による空気の清浄効果には機械では
代用できないものがありますし、自然の力を利用
することで、電気代、エネルギーの節約にも
なりますよね。

風の通る家は、快適でエコな家なのです。

では、風の通る家とはどんな家なのか?

実際の家づくりの中で考慮される、具体的な
チェックポイントを見て行きましょう。

*風通しの鍵を握るのは窓*

まず、密室である住居の中に風通しを生み出すのは
窓です。

窓が2つあれば、片方の窓から入った風がもう
片方の窓へ抜けることで、自然な風の通り道が
生まれます。

 また、住まいは一つの空間ではなくいくつかの
部屋に分かれています。風通しという面でみると、
それぞれの部屋に2つ窓があるのが理想的と言えます。

窓が1つだけの部屋ですと、せっかく外から入った
風が抜けていかず中に籠ってしまうため、風も
生まれず、中の空気もうまく外に逃せません。

こういう部屋に風を通すためには、ドアを開ける
必要があります。快適に過ごすためとは言え、
ドアを開けっ放しにするというのはプライベート
空間としてちょっと困るという人も多いのでは
ないでしょうか。

1つの部屋に、風が入る場所と出ていく場所の両方を
作っておくことで、ドアを閉じたままでもしっかりと
風が通すことができます。

また、窓以外の要素として、2階建以上の
住宅であれば、階をまたいだ「吹き抜け」部分を
作ることで、下階からから上階へと風の流れを
生み出すことができます。

1階の窓を通して外から入ってきた空気が吹き抜けを
登り、2階の窓を通って再び外へ出る…という風の
ルートが生まれるので、

特に夏場、上にたまる習性のある暖かい空気を
外に逃がし、快適に過ごすことができます。

*窓のデメリットも考慮して*

ならば、それぞれの部屋に窓を2つずつ配置すれば
良い…となりそうですが、実はそう簡単では
ありません。

窓の配置には様々な制約や条件があるのです。

1つは、日照の問題です。窓には、風を通す以外にも
日光を部屋に取り入れる役目があります。
どの部屋にどの角度から日を当てるのか。
日光の角度は時間帯によっても変化します。
どんなに風通しが良くても、一日中日が照りつける
部屋や、逆に全く直接光が入らない部屋は、
快適とは言えませんよね。

暮らしのスタイルに合わせて、適切な時間に適切な
量の光が入るよう大きさやを位置を計算するのも、
窓の配置を考える上で非常に重要な要素です。

また、窓の位置は近隣からのプライバシーが確保
できるところでなければなりません。せっかく窓が
あっても外から中が丸見えになってしまうような
位置だと、窓をあけて換気をしようという気は
起こりませんよね。

他にも、家具の位置に対する配慮も必要ですし、
防犯を考える上でも窓の配置は重要です。
空き巣被害の多くが、窓からの侵入によるものだと
されています。

*免震と窓の関係*

さらにもう一つ見逃しがちなポイントとして、
窓と免震性の関係が挙げられるでしょう。
窓の数を増やしたり、むやみに大きくすると、
壁の補強材が占める面積が減少するため、
その分どうしても免震性が低下してしまいます。
住まいの安全は何よりも優先されるべきもの。
窓の位置を考える上でも、免震性の確保には
十分配慮したいものです。

*窓の配置の難しさ*

このように見ていくと、風通しばかりを意識して
どんどん窓を配置してしまうと、別の理由で
快適とは言えない家になってしまう可能性がある、
ということがお分かりいただけると思います。

風通しがよく快適に過ごせる部屋を作るには、
窓の持つマイナス面にも配慮しながら、慎重に
窓の配置や大きさ、間取りを設計する必要があります。

*理想的な「風が通る家」を作る*

理想的な「風が通る家」とはどんな家なのか?
そこに絶対的な正解はありません。
その家が建つ土地の気候、周囲の環境、そして
何より住む人のライフスタイルに合わせて、
答えは全く違うものになるからです。

レガロデザインでは、
お客様一人ひとりの生活に向き合いながら、
理想の住まいづくりのお手伝いをしております。
快適な家づくり、私たちにお任せください。

Tel.0120-155-995
受付時間 AM 10:00 ~ PM 6:00
(水曜定休日)

〒819-0022 福岡県福岡市西区福重3-36-1
一人ひとりの“好き”を考慮し、自分らしく家族らしく暮らすための“ライフスタイル”をカタチにします。

 お問い合わせ

 イベント情報

 無料相談・勉強会情報

Copyright© REGLAO DESIGN. All Rights Reserved.