HOME > コラム > 新築で吹き抜けを設ける時に窓は何を選ぶ?

新築で吹き抜けを設ける時に窓は何を選ぶ?

2022-09-15

皆さんは吹き抜けのある家を想像したときに、どのような家を思い浮かべますか。

おそらく、おしゃれな家を想像したり、大きな窓があったりというイメージがある方は多いのではないでしょうか。

そこで、今回は吹き抜けのある家にどのような窓を取り付ければ、吹き抜けのある家の空間を活かせるのかについて紹介していきます。

また、窓を付けた際に欠かせないカーテンについても、紹介していきます。

吹き抜けのある家に住みたいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

□吹き抜けを活かす窓を紹介!

普通の家の窓とは違い、吹き抜けのある家は家の一部分が空洞になっているため、最適な窓を選ぶ必要があります。

このことを踏まえて、吹き抜けを活かす窓の選び方について3つ見ていきましょう。

1つ目は、「FIX窓」です。

この窓の特徴は、気密性が高く、窓自体の面積が大きいことです。

また、FIX窓は壁にガラスをはめることで作られているため、吹き抜けのある家によくある視界に入るけれども、普段は手の届かない場所に最適です。

2つ目は、「スリット窓」です。

スリット窓とは、細長いスペースにはめ込む窓のことです。

この窓は先ほど紹介した「FIX窓」とは違い、開閉が可能な窓のため、廊下や階段などの自分の手が届くところに配置することで、換気用の窓として最適です。

吹き抜けのある家は、窓が多かったとしても、自分の手の届かない窓や開閉ができない窓を配置することが多いため、その際にこのような窓があると便利です。

3つ目は、「天窓」です。

おそらく、吹き抜けのある家をイメージしたときに、吹き抜けと言ったら天窓と思う方も多いかもしれません。

天窓とは、屋根に近いところに窓を配置することで、太陽光が多く入ってくる特徴のある窓のことです。

この窓があることによって、照明とは別に自然光が上から入ってくるため、「トップライト」と呼ばれることもあります。

□吹き抜けのある家の窓の選び方とは?

ここまで、さまざまな窓について紹介してきましたが、窓を選ぶ際にどのような窓を選べば良いのでしょうか。

外観のデザインや断熱性能を考慮したうえで、紹介します。

*外観のデザイン

外観について考える際に、以下のことを考える必要があります。

・外からの視線

・日当たり

・室内の温度環境

吹き抜けのある家は、窓を配置できる場所が多いため窓を多く配置することで、おしゃれな空間をつくれますが、実際に住むときにこの3つの項目において安心して住めるのかを考えましょう。

*断熱性能

窓をバランスが良いからという理由だけで選んでしまうと、局所的に暑くなったり寒くなったりする現象が起こります。

そのため、開閉式の窓を配置する場所と、気密性が高い窓を配置する場所をあらかじめ決めてから、窓の種類やバランスを決めると良いでしょう。

窓のデザインを重視し、家の中をおしゃれな空間にすることは大切なことですが、快適に住めるような環境でなければ、それらが無駄になってしまいます。

そのため、自分の配置したい窓の種類や、場所が最適であるのかを確認しながら窓を選びましょう。

□吹き抜けのある窓にカーテンは必要なのか?

ここまで窓について、種類や選び方について紹介してきましたが、窓とセットで考えることが多いカーテンはどのように選べば良いのでしょうか。

また、吹き抜けのある家の窓のすべてにカーテンが必要なのかについて紹介していきます。

まず、カーテンの役割について簡単に説明します。

カーテンの主な役割は、日光が強すぎる際に遮ったり、外が暗くて家の中が明るいときに外から家の中が見えないように隠したりすることです。

また、カーテンには暑さや寒さを軽減する役割もあるため、家の空調維持にカーテンを利用することも可能です。

これらのことを考慮して、カーテンの選び方やカーテンの必要性について見ていきましょう。

吹き抜けのある家の窓の種類は主に自分で届かない窓と、自分で届く窓の2種類があるので、それぞれについて紹介します。

1つ目の自分で届かない窓の場合は、開閉できないものが多く、カーテンを付けないと日光が入ってほしくないときに対策できません。

そのため、このような窓には「電動カーテンレール」と呼ばれるものを配置すると良いでしょう。

電動カーテンレールは、スイッチを押すだけで勝手にカーテンの操作ができるので、自分でカーテンに触る必要がありません。

そのため、吹き抜けのある家には最適なカーテンです。

2つ目の自分で届く窓の場合は、開閉も可能で、カーテンを付けなくても日光はそこまで入ってこないという場合も多いでしょう。

しかし、カーテンを付けないと外からの視線が気になる場合があるので、付けた方が良いでしょう。

また、カーテンを付けなくても良い場合としては、その窓が見えるところに普段、人が出入りしない状況です。

□まとめ

窓の種類や選び方について、さまざまなタイプのものを紹介しましたが、実際に窓を配置する際には家が建っている環境や、土地の場所などで窓の選び方は変わってきます。

そのため、窓の選び方について困る方も多いでしょう。

その際は、当社にお問い合わせください。

REGALO株式会社

Tel.0120-155-995
受付時間 AM 10:00 ~ PM 6:00
(水曜定休日)

〒819-0022 福岡県福岡市西区福重3-36-1
一人ひとりの“好き”を考慮し、自分らしく家族らしく暮らすための“ライフスタイル”をカタチにします。

 お問い合わせ

 イベント情報

 無料相談・勉強会情報

Copyright© REGLAO DESIGN. All Rights Reserved.